3台以上の玉突き事故の場合の過失割合|茨木市・南茨木のたてやま鍼灸整骨院

茨木市真砂にあるむち打ち治療協会認定院の

たてやま鍼灸整骨院です。よろしくお願いします。

 

 

前回は2台での玉突き事故の過失割合のお話でした。

 

今回は3台以上の玉突事故の場合を考えてみましょう。

 

 

 

112

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に追突した車(A車)が追突された車(B車)の損害を補償し、B車が玉突きで追突した車(C車)の損害については、A車とB車が過失割合に応じて補償するのが基本的な考え方です。

 

事故の状況は過失割合を決める際の重要な判断材料になります。

 

後でトラブルに巻き込まれないためにも、できるだけ状況を記録しておき、警察や保険会社への届出をきちんと行い当院へご連絡下さい!

 

渋滞に巻き込まれると、ついイライラして運転が乱暴になったり、注意散漫になってしまいがちになります。

 

同じ姿勢での運転は疲れも溜まりやすく、長時間の運転が身体に悪影響を及ぼすことも考えられます。

 

いつも以上に安全運転を心がけ、もし事故を起こしてしまったら・・・とリスクを忘れずに、余裕のある計画を立てて出かけるようにしてください。

 

 

整骨院では、治療メニューを型通りにこなしていくのではなく、個々の患者さんの状態に合わせて、独自の治療法や技術を組合していきます。

むち打ちは検査では異常が発見しにくく、患者さんの日々の状態が変化していきます。その対応をしながらオーダーメイドな治療が提供できる整骨院はむち打ち症治療の専門家だといっても過言ではないと思います。

 

何かわからな事やご相談があれば、気兼ねなくご相談ください。

お力になれると思います。

 

交通事故によるケガのご相談・治療は

たてやま鍼灸整骨院

大阪府茨木市真砂1-9-31ボー・ドミール南茨木105

TEL:072-638-0119

http://tatenavi.com/

アクセス

たてやま鍼灸整骨院

〒567-0851 大阪府茨木市真砂1丁目9-31
【アクセス】阪急京都線南茨木駅から徒歩約15分

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ