自転車の自損事故|茨木市・南茨木のたてやま鍼灸整骨院

茨木市真砂にあるむち打ち治療協会認定院の

たてやま鍼灸整骨院です。よろしくお願いします。

 

自転車と車の事故第二弾です。似たような件ですが、対応も変わってきます。

 

最近、自転車による事故が多くなってきています。

 

自転車を運転していて、停車中の車に追突しました。(車に人は乗っていましたが、怪我はありませんでした。)
現在、自転車を運転していた患者さんが、怪我をしたため通院しています。
そこで、質問です。
このような自転車の自損事故(?)の場合、どのような保険が使用できますか?

 
また、どのような補償を受けることができますか?

 

(自転車の保険には加入しているが、体に対する補償はなかったように思う、と仰っているようです。)

 

教えてください。よろしくお願いいたします。

 

jintensya_man

 

 

どのような保険が使用できるか?

 

まず、患者様が自転車保険にご加入されているということであれば、治療費等の支払いに対応していることが考えられます。

 

「体に対する補償はなかったように思う」とのことですが、一度保険会社に確認してみてもよろしいかと思います。

 

昨今、各保険会社が様々な商品・特約を販売しており、画一的に「このような事案ではこの保険」ということをお伝えすることが
難しくなっているため、ご加入の保険会社にご確認いただくことが一番確実、かつ、請求漏れが防げるかと思います。

 

もし、患者様がご加入されている自「転」車保険では対応していないということであれば、次のような方法がとれる場合がございます。

 

まず、患者様が自「動」車保険にご加入で、かつ、「人身傷害補償保険(特約)」が付いていれば、そちらをご利用いただくことが考えられます。

 
ただ、契約内容が、「契約車両以外の乗り物も対象」となっている場合に限られることが考えられます。
それゆえ、自「転」車事故が補償の対象になっているか、一度保険会社にご確認いただくとよろしいかと思います。

 

 

次に、患者様が医療保険や共済などにご加入されている場合には、交通事故によって通院した際の治療費等が補償される余地があるかと思います。
この場合も、補償の条件が各保険ごとに決まっていると思いますので、一度保険会社にご確認いただければと思います。

 

どのような補償を受けることができるか?

 

上記いずれの方法にしても、一般的には、自転車事故による治療費等が対象になっていることが多いとは思うのですが、保険会社や保険の内容によって補償内容は異なりますので、保険会社に一度ご確認いただくとよろしいかと思います。

 

自転車の交通事故はその入っている保険や、交通事故の内容、また保険会社の担当者によってもかなり変わってきます。

しかしながら、保険に加入していなければ何の補償も受けれませんし、加害者になった時は大変です。

 

かならず、何かしらの自転車保険には入っておくことが大切です。

 

 

たてやま鍼灸整骨院では、治療メニューを型通りにこなしていくのではなく、個々の患者さんの状態に合わせて、独自の治療法や技術を組合していきます。

 

むち打ちは検査では異常が発見しにくく、患者さんの日々の状態が変化していきます。その対応をしながらオーダーメイドな治療が提供できる整骨院はむち打ち症治療の専門家だといっても過言ではないと思います。

 

何かわからな事やご相談があれば、気兼ねなくご相談ください。

お力になれると思います。

交通事故によるケガのご相談・治療は

たてやま鍼灸整骨院

大阪府茨木市真砂1-9-31ボー・ドミール南茨木105

TEL:072-638-0119

http://tateyama.in/

アクセス

たてやま鍼灸整骨院

〒567-0851 大阪府茨木市真砂1丁目9-31
【アクセス】阪急京都線南茨木駅から徒歩約15分

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ