交通事故のむち打ちによる背中の痛み|茨木市・南茨木のたてやま鍼灸整骨院

茨木市真砂にあるむち打ち治療協会認定院の

たてやま鍼灸整骨院です。よろしくお願いします。

 

交通事故だけではないですが、突如として背中が筋を痛めたような痛みで首が動かない人がいます。

 

背中の痛みを引き起こす可能性のあるのが「むち打ち・寝違い・筋違い」です。

これから、その中でも、むち打ちについて説明いたします。

 

むち打ちはなぜ起こる?

 

最も多いのは交通事故による後方からの衝突事故によって起こります。

 

他にはスポーツ事故や仕事中に起こすこともあります。

 

「むち打ち症」の正しい名称は「頚椎捻挫」「外傷性頸部症候群」といいます。

 

muchiuchi

 

「むち打ち症」の4つの症状

 

1、首の捻挫としての症状

 

ぎっくり腰(腰部捻挫)や足首・手首の捻挫と同じで、首の筋肉や靭帯・関節包の損傷です。

 

2、神経根を圧迫する症状

 

脊髄神経から枝分かれして、腕や脚に分布するのが根っこの部分が神経根です。

 

そこを圧迫されたり引き伸ばされたりすることで、そこを支配する領域が障害を受けます。

 

しびれ・違和感・だるさ・電気が走るような痛み・感覚ないなど症状は様々です。
3、自律神経を傷害された症状

 

追突されたことによりショック症状として自律神経が障害されます。

 

頭痛・頭重感・めまい・耳鳴り・吐き気・難聴・集中力の低下…….さらに内臓機能の低下による不定愁訴などが挙げられます。

 

 

4、骨髄液の圧力低下に伴う症状

 

追突事故により髄液を包む硬膜が破れて漏れ出すことにより圧力が低下します。

 

圧力が低下することのより頭痛・吐き気・めまいなど(3)に似た症状が現れます。

 

これは医師の診断が必要になり適切な検査をして頂かなければ分かりません。

 

 

この4の症状は、病院でも発見されにくいのが現状です。

もしも・・・と思った方は自分から医師に聞いてみてもいいかと思います。

早く見つける事が出来たら、その分早く対処できるので。

もし、他に相談できる所が無い場合、たてやま鍼灸整骨院にご相談下さい。

 

 

たてやま鍼灸整骨院では、治療メニューを型通りにこなしていくのではなく、個々の患者さんの状態に合わせて、独自の治療法や技術を組合していきます。

 

むち打ちは検査では異常が発見しにくく、患者さんの日々の状態が変化していきます。その対応をしながらオーダーメイドな治療が提供できる整骨院はむち打ち症治療の専門家だといっても過言ではないと思います。

 

何かわからな事やご相談があれば、気兼ねなくご相談ください。

お力になれると思います。

 

交通事故によるケガのご相談・治療は

たてやま鍼灸整骨院

大阪府茨木市真砂1-9-31ボー・ドミール南茨木105

TEL:072-638-0119

http://tateyama.in/

アクセス

たてやま鍼灸整骨院

〒567-0851 大阪府茨木市真砂1丁目9-31
【アクセス】阪急京都線南茨木駅から徒歩約15分

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ