交通事故での後遺症認定には医師の詳しい診断が必要|茨木市・南茨木にあるたてやま鍼灸整骨院

茨木市・真砂にある交通事故の治療に強い

たてやま鍼灸整骨院です

交通事故で後遺障害が残ってしまった場合、自賠責に後遺障害認定手続きを行います。そこで重要になってくるのが主治医の意見書や診断書です。

主治医の書いている内容によって左右されてしまうので、患者様は症状をその都度、細かく伝える事をして下さい。、面倒でもしっかり伝えると伝えないとでは大きな差になってきます。

 

搬送された病院が遠かったり満足のいく治療が受けられない場合は早めに転院することが大切ですが、転院する際は主治医に紹介状を書いてもらうことを忘れないようにしましょう。

 

紹介状がない場合、転院先の医療機関では交通事故直後からの症状の変化が把握できませんので、万が一後遺障害が残ったときに認定に必要な医学的所見を添えた診断書を書いてもらうことが難しくなるからです。

 

たてやま鍼灸整骨院へ転院を希望される患者様の中には、主治医が信頼できなかったとおっしゃる方もおられますが、医師も人間ですから、感情があります。

合う合わないもあると思いますし、交通事故の患者様を軽視される医師もおられるのは事実です。

 

適切な意見書や診断書をかいてもらうためには、主治医と良好な関係を築いておくことが大切で細かい症状やご自分の意見を伝え、穏便に転院することがポイントです。

 

転院をお考えの方は一度、当院へご来院ください。当院スタッフが主治医や保険会社との連絡方法など転院に関するご相談をお受けいたします。

 

何かわからな事やご相談があれば、気兼ねなくご相談ください。

お力になれると思います。

交通事故によるケガのご相談・治療は

たてやま鍼灸整骨院

大阪府茨木市真砂1-9-31ボー・ドミール南茨木105

TEL:072-638-0119

http://tatenavi.com/

アクセス

たてやま鍼灸整骨院

〒567-0851 大阪府茨木市真砂1丁目9-31
【アクセス】阪急京都線南茨木駅から徒歩約15分

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ