交通事故での保険の使い方~整骨院に通うメリット|茨木市・南茨木のたてやま鍼灸整骨院

茨木市真砂にあるむち打ち治療協会認定院の

たてやま鍼灸整骨院です。よろしくお願いします。

 

交通事故にあった時の、大まかな概要を知りたいという要望があったので、交通事故に会った際の任意保険や自賠責保険、または健康保険に関してをお伝えします。

 

 

 

●交通事故の治療には健康保険が使えない?

 

img_accident

 

交通事故の被害に遭われた方は、治療先や保険の使い方について悩まれると思います。

 
はじめてのことなので、わからないのが普通です。

 

あとで後悔しない為にも、健康保険と自賠責保険の違いを知っておきましょう。

 

●自賠責保険の限度額は120万円

 

全ての自動車ドライバーに加入が義務付けられているのが自賠責保険です。

 

自賠責保険は交通事故のケガや慰謝料などといった、いわゆる損害賠償金を補償するために加入者全員が負担する保険料によって成り立っている相互扶助制度だと言えます。

 

自賠責保険には限度額120万円という枠が決まっていて、この中から治療費や、慰謝料、休業補償、通院費などが被害者に対して支払われます。

 

もし事故による損害の総額が120万円を超えた場合は、120万円は自賠責保険から支払われますが、超えた分は任意保険から支払われることになります。

 

言ってみれば「二階建て」の保険なんですね。

 

1階が自賠責保険、2階が任意保険です。

 

比較的軽いケガの場合は、ほとんどの患者様は自賠責保険の範囲内で治療することができるのですが、困ったことに、自賠責保険は加入しているけれど任意保険に加入していないドライバーも中にはいます。

 

その場合、自賠責保険の限度額を超えてしまった分は、被害者が直接、加害者に請求しなければなりませんし、そもそも任意保険に加入していない加害者が支払いに応じてくれるかどうかは怪しいものです。

 

泣き寝入りしてしまうケースも少なくありません。

 

また、事故の状況によっては被害者側にも前方不注意などの一定の過失があった場合は、被害者側の負担も出てきます。

 

こういったケースでよく利用されるのが「第三者行為の傷病届」というものです。

 

ご自分の加入している健康保険組合に「第三者行為の傷病届」を提出すれば、交通事故の治療においても健康保険を使うことができます。

 

手続きの方法や取り扱い窓口がわからない場合は、茨木市のたてやま鍼灸整骨院までお気軽にお尋ねください。

 

交通事故の取り扱い経験豊富なスタッフがお答え致します。

 

●交通事故の治療で健康保険を使うメリット

 

1db06601b7f6e35d17220aa0b6d9596c_m

 

何と言っても最大のメリットは、治療費を安く抑えられることにあります。

 

通常の病院での治療費と点数計算が同じなので、治療費の総額の1~3割負担で治療できます。

大きな損害を要する事故であったり、被害者側に過失があった場合、上記の120万円を超える部分は被害者側もいくらかの負担をしなければなりませんが、こういったケースでは、健康保険を使用した治療をおすすめします。

 

(1)自賠責保険を使用した自由診療の場合

 

自賠責保険のメリットとしては手続きが簡単ということが挙げられます。

 

健康保険を使用した治療の場合、窓口でいったん患者様が立て替え払いをしなければいけない可能性があります。

 

(2)病院、整骨院など併診が認められません

 

通常の健康保険治療では、怪我をした部位と同一の部位を二か所以上の医療機関で治療することが認められませんが、自由診療の場合だと、保険会社との交渉次第では認められる可能性があります。

 

交通事故に遭ったとき最初に受診されるのは整形外科等の病院だと思いますが、早期回復を目指すためには、整形外科では定期的な検査を行って経過観察をしながら、普段は整骨院等でリハビリを含めたきめ細かい施術を受けるといったように、服すの医療機関を同時に利用することができます。

 

(3)交通事故という緊急性の高い診察

 

自由診療は特殊な治療法を要することがあり、保険会社などへ提出する書類も健康保険のものとは違いますし、医療機関側は保険会社との折衝なども担当しますので、手続きも一般の健康保険とは異なります。

 

これを、通常の風邪や怪我などで健康保険を使うのと同じように扱うのは無理があります。

医療機関側の負担も大きいので、あまり好まれません。

 

●たてやま鍼灸整骨院の自賠責保険への考え方

 

025

 

接骨院や整骨院も、病院と同様に自由診療というところが大多数です。

 

当院でも原則は自由診療扱いとなっています。

 

なぜ、健康保険を扱わないのかと疑問に思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、理由があります。

 

整形外科などに通っている方や、通ったことがある方はご存知かと思いますが、整形外科での処置は、投薬、シップ、電気療法などで、初回だけ医師の診察があって、2回目以降はリハビリ室で遠赤外線を当てたりウォータベットで寝ているだけとか、電気治療など、毎回同じような対応ばかりです。

 

たまに東洋医学を併用して、鍼灸やマッサージで筋肉をほぐしてくれるところもあるそうですが、それは非常に稀なケースです。

 

ほとんどの整形外科はそうではありません。

 

電気療法が悪いというわけではありませんが、交通事故に多いむち打ち症の治療においては、何よりも硬縮した筋肉を緩めてあげることが欠かせません。

 

そのためには、電気療法だけでは足りないのです。

 

鍼やマッサージなどの手技など、緩めるというアプローチをとらないことには、患者様は痛みから解放されないのです。

 

一人でも多くの交通事故に遭われた患者様に、後遺症が残らないように一日でも早く治っていただくためには、一人一人の症状や問題を考えながら治療を組み立てていく必要があります。

 

これはある程度の時間が必要で、とても健康保険で対応できることではないのです。

 

ただ毎回、流れ作業的に患者様を施術台に寝かして電気をかけるだけ、牽引するだけといった内容であれば自由診療に値しません。

 

ある程度の治療時間をかけて、問題点を探りながら「治すための治療」を進めていくには、自由診療(自賠責保険)でないと対応できません。

 

健康保険を使用することが悪いわけではありませんが、患部に対しての治療の出来る幅が違ってきます。

 

先々の事を考えるなら、きちんと治すことを目指している質の高い治療をしてくれる交通事故治療の専門院で治療を受けて下さい。

 

 

たてやま鍼灸整骨院では、治療メニューを型通りにこなしていくのではなく、個々の患者さんの状態に合わせて、独自の治療法や技術を組合していきます。

 

むち打ちは検査では異常が発見しにくく、患者さんの日々の状態が変化していきます。

 

その対応をしながらオーダーメイドな治療が提供できる整骨院はむち打ち症治療の専門家だといっても過言ではないと思います。

 

何かわからな事やご相談があれば、気兼ねなくご相談ください。

お力になれると思います。

 

 

交通事故によるケガのご相談・治療は

たてやま鍼灸整骨院

大阪府茨木市真砂1-9-31ボー・ドミール南茨木105

TEL:072-638-0119

http://tatenavi.com/

アクセス

たてやま鍼灸整骨院

〒567-0851 大阪府茨木市真砂1丁目9-31
【アクセス】阪急京都線南茨木駅から徒歩約15分

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ