交通事故でのシートベルトの大切さ!|茨木市・南茨木のたてやま鍼灸整骨院

茨木市真砂にあるむち打ち治療協会認定院の

たてやま鍼灸整骨院です。よろしくお願いします。

 

皆さんはシートベルトの重要性を知っていますか?

めんどくさがってや苦しいからやらない、なんてことはないでしょうね。

 

そもそもシートベルとって何の為にするのでしょうか?

 

シートベルトを装着することにより、交通事故時などに 「衝撃で体が車外に放り出される」 「全身や頭部、頚部を強打する」 「他の同乗者との接触を防ぐ」 の3つを予防することができます。

 

警察庁の統計では自動車乗車中に交通事故に遭遇した車に乗っていた人のシートベルト非装着者は、装着者より死亡率

が15倍程高いと発表されています。

 

このような点からもシートベルトの装着をすることで交通事故時に自分の命を守ることができるといえます。

 

image2

 

当院に交通事故治療に来院されている患者様の中にも、シートベルトのおかげで大ケガにならずにすんだ・・・という方もよくみられます。

 

しかし、シートベルトを間違った方法で装着すると・・・「シートベルト損傷」と呼ばれる交通事故特有のケガにつながります。

 

交通事故でのケガといえば、整骨院で治療の出来る、ムチウチ損傷や腰の痛みなどを想像しますが、シートベルト損傷も意外と多く見られます。

 

本来であれば、腰にあたるベルトは骨盤を巻くように装着するのですが、間違った装着方法で、ベルトの位置が高くなってしまうと腸管破裂、腸管損傷・膵損傷・横隔膜損傷・椎体骨折などを起こすことがあります。

 

また肩にあたるベルトを正しく装着していないと、頸動脈の損傷や鎖骨の骨折などの大ケガも引き起こします。

 

これらはシートベルトの間違った装着方法により起こりますので、今一度、正しい装着方法を確認してみましょう!

 

また運転手席や助手席だけでなく、後部座席でもシートベルトをきちんと装着することも義務付けられています。

 

万が一の交通事故に備えておく事は非常に大切です。

 

命にも関わることです。義務もありますが、自分や周りの人の為にシートベルトはしましょう!!

 

 

たてやま鍼灸整骨院では、治療メニューを型通りにこなしていくのではなく、個々の患者さんの状態に合わせて、独自の治療法や技術を組合していきます。

 

むち打ちは検査では異常が発見しにくく、患者さんの日々の状態が変化していきます。その対応をしながらオーダーメイドな治療が提供できる整骨院はむち打ち症治療の専門家だといっても過言ではないと思います。

 

何かわからな事やご相談があれば、気兼ねなくご相談ください。

お力になれると思います。

 

交通事故によるケガのご相談・治療は

たてやま鍼灸整骨院

大阪府茨木市真砂1-9-31ボー・ドミール南茨木105

TEL:072-638-0119

http://tateyama.in/

アクセス

たてやま鍼灸整骨院

〒567-0851 大阪府茨木市真砂1丁目9-31
【アクセス】阪急京都線南茨木駅から徒歩約15分

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ