交通事故で、任意保険がなく、自賠責保険のみで対応する場合①|茨木市・南茨木のたてやま鍼灸整骨院

茨木市真砂にあるむち打ち治療協会認定院の

たてやま鍼灸整骨院です。よろしくお願いします。

 

加害者が任意保険に加入しておらず、被害者も任意保険に加入していない場合はどうなるのですか?と質問を頂きました。

被害者は車を所有していない場合もありますので、このような場合も想定されます。
人身傷害特約がありませんので、加害者に治療費を請求する事になりますが、加害者と連絡が取れず支払を無視されたら?

・泣き寝入りする?

・加害者を訴える?

 

これは、賢い被害者のすることではありません。

 

自賠責保険には、「被害者請求」という被害者独自の権利があることをご存知でしょうか?
被害者は、加害車両が加入する自賠責保険に対し、治療費などの損害を直接請求することができます。

 

自賠責保険への被害者請求は、加害者の同意を必要としませんので、加害者と連絡が取れない悪質なケースでも大丈夫です。

※自賠責保険ですので、車両など物損に対しては対応しておりません。そこは、加害者に直接請求になります。

 

問題点としては、被害者請求は損害(治療費立て替え)が10万円以上にならないと請求できない点です。

 

10万円未満の治療費は、被害者が1度立て替えなくてはなりません。
自賠責保険に請求する人身傷害部分の損害は、休業損害や通院交通なども含みますので、被害者がそれらをまとめて10万円になった時点で請求します。
被害者請求で治療費は自賠責保険に請求ができますが、1点だけ気をつけないといけない重要な事があります。

 

被害者も任意保険に加入していない最悪場合、治療費の支払いは当然自賠責保険のみになりますが、人身傷害部分の限度額120万円を超えてしまった分に関しては、加害者に請求する事になります。

 

当然、加害者が支払わない場合被害者が立替をする事になりますが、なるべく立替えの負担を少なくする、もしくはなるべく治療費を抑えて慰謝料を多く受け取るためには、健康保険の使用が必要になります。

 

交通事故の治療には、自由診療と健康保険診療があり、自由診療の治療費は医療機関ごとに決めることができます。

 

医療機関ごとに設定が可能な自由診療による治療費は、健康保険の点数制による治療費に比べ2〜3倍と高額に設定されているのが現状です。

 

自由診療にしてしまうと、同じ治療をしても健康保険による治療費に比べ数倍の差が出てきますので、自賠責保険人身傷害部分の限度額120万円が早く減っていくことになります。

 

120万円を大切に使うためには、健康保険を使用し治療費を低く抑える必要があります。

 

極端な話し、自由診療で治療費が120万円だったとすると、すでに自賠責保険の限度額ですので、通院慰謝料、休業損害、通院交通費などの支払いがありません。

 

自賠責保険から支払われなかったそれらの損害は、加害者に直接請求をすることになりますが、回収できる保証もありません。
しかし、健康保険を使用して治療をしていれば、2〜3分の1の治療費ですみますので、治療費は40〜60万円になります。

 

すると、自賠責の限度額120万円までに60〜80万円あるので、その60〜80万円を通院慰謝料や休業損害として受取ることができます。

 

加害者と被害者の双方が任意保険に加入をしておらず、しかも加害者に財産や資力がない場合、健康保険を使用して治療をすることが重要です。

 

そうすれば、自由診療ではもらえなかった自賠責保険からの保険金をもらえるる可能性が出てきます。

 

ただ、交通事故の治療に健康保険を使用する際は、健康保険組合に「第三者行為届け」を提出する必要があります。

 

「第三者行為届け」とは、健康保険組合が負担した7割を加害者に求償する為に必要な書類を提出する手続きのことです。

 

手続きをしないと、場合によっては健康保険組合が負担する7割の治療費を、加害者ではなく被害者に請求することもありますので、十分注意が必要です。

 

よく病院の受付近くに、「交通事故の治療には第三者行為届けが必要」といったポスターが貼ってあると思います。

 

今度病院に行くことがありましたら、気をつけて探してみて下さい。

 

※健康保険を使用した方が、全てにおいて良いように聞こえますがマイナスもあります。

それは、保険範囲内のみの治療になります。整骨院などでは特に、積極的な治療をするために、自費治療も併用する場合があります。しかし保険適用外の治療になると、その部分は患者様負担となることが普通です。

この様な事も踏まえて上で、どれぐらい治療期間として必要なのか。限度額までに良くなるのか。この辺りを、整骨院や病院で相談して、被害者請求をした方が良いでしょう。

 

 

一番覚えていてほしい事は、加害者が任意保険に加入をしておらず、治療費を支払ってくれない場合、加害者の了解を得ずに加害車輌の加入している自賠責保険に対し、被害者が直接損害を請求する「被害者請求」が出来る事も覚えておいてください。

 

 

たてやま鍼灸整骨院では、治療メニューを型通りにこなしていくのではなく、個々の患者さんの状態に合わせて、独自の治療法や技術を組合していきます。

 

むち打ちは検査では異常が発見しにくく、患者さんの日々の状態が変化していきます。その対応をしながらオーダーメイドな治療が提供できる整骨院はむち打ち症治療の専門家だといっても過言ではないと思います。

 

法律的な事も、むち打ち治療協会の弁護士がいております。

何かわからな事やご相談があれば、気兼ねなくご相談ください。

お力になれると思います。

 

交通事故によるケガのご相談・治療は

たてやま鍼灸整骨院

大阪府茨木市真砂1-9-31ボー・ドミール南茨木105

TEL:072-638-0119

http://tateyama.in/

アクセス

たてやま鍼灸整骨院

〒567-0851 大阪府茨木市真砂1丁目9-31
【アクセス】阪急京都線南茨木駅から徒歩約15分

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ