交通事故、病院か?整骨院か?詳しくは・・・|茨木市・南茨木のたてやま鍼灸整骨院

茨木市真砂にあるむち打ち治療協会認定院の

たてやま鍼灸整骨院です。よろしくお願いします。

 

 

皆さんは交通事故にあった場合ケガで一番多いのは何んだと思いますか?

 

意外とみなさん知っている交通事故で一番多い怪我はむち打ちです。

 

むち打ちになる理由はいろいろありますが、慰謝料や通院費を保険会社に認めてもらうためには、どこで治療を受けるかが問題になります。

 

たてやま鍼灸整骨院は、病院と整骨院の併用をお勧めしています。

 

★病院と保険会社との関係

 

まず大前提として、慰謝料や治療費を負担するのは誰になるのかを考えてみましょう。

そう、保険会社ですね。

 

保険に加入している全国の自動車ドライバーの相互扶助によって保険事業は成り立っていると言えます。

 

交通事故被害者への賠償支払いはそこから支出されています。

 

しかし、治療として認められる通院でなければ保険会社は支払いに応じません。

 

そして、保険会社が治療行為として認めるのは医師による医療行為です。

 

整骨院を利用する場合も、あくまでも医師の指示による治療であるかどうかがポイントになってきます。

 

被害者にはどこで治療を受けるかを選ぶ権利がありますが、支払いをする保険会社にとって大事なのは医師による指示なのかどうかです。

 

ですから、病院での当面の治療が終わって、あとは整骨院でリハビリに励みたいという方は、整骨院にも通いたいことを医師に伝えて理解を得ておくことをお勧めします。

 

最終的に支払いの話になったとき、保険会社は重箱の隅をつつくように治療の妥当性をチェックします。

 

もし医師の判断ではなく被害者の自己判断で通院先を変えたということになれば、ここぞとばかりに妥当性を追求してくるでしょう。

 

そして、医師の薦めなき通院は支払いの対象外になってしまいます。

 

★むち打ちは病院か?整骨院か?

病院と整骨院には専門性の違いがあります。むち打ち治療に関しては、捻挫や打撲のプロである整骨院が得意としている場合が多いです。東住吉区の笑恵整骨院もむち打ち治療を得意としています。

 

一方、病院には整骨院にはない検査設備がありますし、なんといっても診断書を発行できるのは医師だけです。

 

よく勘違いしておられる方がいるのですが、医師と整骨院のスタッフでは資格が異なります。

 

整骨院は柔道整復師という国家資格者で、医師とはいろんな点で違いがあります。

 

交通事故被害者にとって最も大きな違いが、診断書を書けるかどうかです。

 

整骨院だけでなく、接骨院や整体院など、病院以外のところでは診断書を書くことができません。

 

法律上、認められていないからです。

 

そして、保険会社が慰謝料などの支払いについて妥当性を判断する決め手になるのは診断書の内容です。

 

つまり、リハビリに期待できるの効果としては整骨院が良い場合もありますが、かといって病院への通院をやめてしまうのは被害者にとってデメリットということです。

 

少なくとも、整骨院への通院だけでなく整形外科や一般の病院も併用したほうがよいでしょう。

 

 

★整骨院のむち打ち治療は慰謝料が出ないというウソの理由

 

整骨院への通院を検討する方に多いのが、整骨院なら仕事が終わったあとでも通えるし、土曜日もやっているところが多いので時間的に融通が利いて通いやすいという理由です。

 

リハビリですから、定期的に通院できることが回復のスピードに影響するので、当然と言えば当然かと思います。

 

第一、腕の良い整形外科は朝から夕方まで混んでいますし、一人一人を親身になって診断できる時間的な余裕もありません。

 

しかし、そういった理由から整骨院に通いたいという希望を保険会社に伝えると、「整骨院では慰謝料が出ない」とか、あまりお勧めできないといったようなことを言われることがあります。

 

いったい何が本当で何がウソなのでしょうか?

 

正しくはこうです。

 

●整形外科/整骨院/接骨院に通った場合

病院への通院として扱われます。

 

●整体院/鍼灸院に通った場合

病院への通院の半分の通院日数として扱われます。

 

ここで慰謝料の計算方法について説明しておきます。

 

慰謝料は治療期間と治療日数で決まり、

 

治療期間とは、治療開始から終了までのトータルの日数です。

 

治療日数とは、実際に治療を行った日数です。

 

整形外科/整骨院/接骨院に通った場合は、「治療日数」×2 と「治療期間」の少ない方で計算され、

整体院/鍼灸院に通った場合は「治療日数」しか計算されないという違いがあります。

 

ここで、保険会社と病院と被害者の利害関係を考えてみましょう

 

・被害者の思い

被害者としてはなるべく早く確実に治したいというのが希望ですから、通いやすい場所にあってむち打ちに詳しい整骨院に行きたいという気持ちがあります。

 

・保険会社の思い

慰謝料など被害者への支払いを最小限に抑えたいと思っています。

 

慰謝料は通院回数や通院日数が関係するので、被害者が通院しやすい(通院回数が増えそうな)整骨院には通って欲しくないのです。

 

もしも被害者が整骨院での通院費を請求してきたら、その妥当性を追求してなんとか理由をつけて支払いを拒否したいと思っています

 

いかがでしょうか?

被害者と保険会社の間には、利害の不一致があるということがおわかりいただけるかと思います。

 

 

★被害者の無知は支払い拒否の理由になる

 

なにかと理由をつけて支払いを抑えたい保険会社にとって、被害者が交通事故に関する知識に乏しいことは“コレ幸い”なのです。

 

少しあいまいな言い回しをしても、被害者が信じ込めばしめたものです。

 

いとも簡単に請求を逃れることができるからです。被害者の無知は保険会社にとってありがたいことなのです。

 

だから、「整形外科以外に通っても通院日数として認められないかも知れませんよ?」などと、根拠のない不安を煽ったりするのです。

 

鵜呑みにしないよう、被害者自身が知恵をつけることが交通事故治療を無事に終える秘訣なのです。

何よりも、今のその症状を、いかに早く、当たり前の方法で、損害を受けたなら相手側の保険で出来るだけ治してもらう。これが大事です。

 

たてやま鍼灸整骨院では、治療メニューを型通りにこなしていくのではなく、個々の患者さんの状態に合わせて、独自の治療法や技術を組合していきます。

 

むち打ちは検査では異常が発見しにくく、患者さんの日々の状態が変化していきます。その対応をしながらオーダーメイドな治療が提供できる整骨院はむち打ち症治療の専門家だといっても過言ではないと思います。

 

何かわからな事やご相談があれば、気兼ねなくご相談ください。

お力になれると思います。

 

交通事故によるケガのご相談・治療は

たてやま鍼灸整骨院

大阪府茨木市真砂1-9-31ボー・ドミール南茨木105

TEL:072-638-0119

http://tatenavi.com/

アクセス

たてやま鍼灸整骨院

〒567-0851 大阪府茨木市真砂1丁目9-31
【アクセス】阪急京都線南茨木駅から徒歩約15分

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ