徒歩、電車、バス、自転車、自家用車、タクシー、、、、

地域によっていろんな乗り物がありますが

大体こんな感じでしょうか?

ケガで徒歩や自転車で行くのは辛いや、そもそも交通事故により失てしまった。

などがありますので今回は、その中でも「タクシーでの通院」についてお話しします。

 

基本的に電車やバスなどの公共の交通機関を使っての通院交通費に関しては

運賃相当額が支払われるのが原則となっています

しかし、タクシーに関しては

ケガの程度や通院経路の交通の便などが総合的に加味され判断されます

ごく稀に

「事故の相手がムカつくからタクシーで行ったんねん!」って聞く事がありますが

全くもって意味ないです!!そんな理由でタクシーを使っても相手は知ることもないです。

むしろ保険会社との関係性が悪化し、不利になるケースも考えられます。

『タクシーの利用には相当性が必要』

ということを覚えておいてください。

ですので、毎日のようにタクシーを使って通院しても、それが妥当であれば支払って頂けるでしょうが、症状は緩和している所見が出ていて明らかにおかしい場合は、支払われない場合もあります。

 

もしタクシーを利用する許可もおりた場合は利用するたびに領収書を貰い、保管しておくことを忘れないでくださいね

大事な点は

・タクシーは保険会社の許可がいる

・領収書を保管する

です。

また、わからない事やこんな場合はどうなんだろう、損保会社はこう言ったけど疑問が残る。などありましたら気がねなく聞いてくださいね!