ムチ打ちの治療ってどの程度すればいいの?|茨木市・南茨木のたてやま鍼灸整骨院

茨木市真砂にあるむち打ち治療協会認定院の

たてやま鍼灸整骨院です。よろしくお願いします。

 

むち打ちの治療はどの程度、どれくらいの期間でよくなるんですか?

 

こんな質問を受けることがたまにあります。

 

質問の背景には、「忙しくて通院するのが大変」や「もうそんなには痛くないから」などたくさんの理由があると思います。

 

今回はこういった質問に答えていきたいと思います。

 

まず始めに、交通事故の治療は受傷してから約3ヶ月程度の期間が一般的です。(重症の場合などを除く)

 

むち打ち等は頚椎捻挫や頸部捻挫、腰であれば腰部捻挫など捻挫として診断されており、捻挫の基本概念として例外もあるとは思いますが一般的に3か月以内には日常生活には困らないくらいには回復するでしょう。との見込みや見解があるからです。

 

基本的には加害者側の保険会社に治療の許可をもらい、一定の期間で治療をしていきます。

 

許可が下りている間は、治療費の自己負担は¥0です。

 

この期間中、将来的に後遺症が残らぬようにしっかりと治療をしていきます。

 

ムチ打ちの怖いところは、後になってから症状が出でくるところです。

 

自己判断で治療を終わりにした後で、また痛くなってしまった場合、再開後の治療費は自己負担になってしまいます。

 

むちうちの症状は痛みだけではなく、関節の動きの制限やめまい、頭痛、気持ち悪さなど、様々な症状がありますので、自己判断で治療を中止するのは少し危険です。

 

せめて3か月は様子を見ながら通院されるのが良いですよ。頻度も人それぞれですが、最初やはり頻繁に通院し、徐々に間隔があいていくのが一般的です。

これは整骨院や担当医の指示に従う必要はあります。

 

くれぐれも自己判断でせずに、担当医や整骨院の指示を聞いてくださいね。

 

後々、症状が出てきたときには治療を中止していたでは、その後の治療は自己負担になってしまいますし、交通事故との因果関係もあやふやになってしまいます。

 

 

たてやま鍼灸整骨院では、治療メニューを型通りにこなしていくのではなく、個々の患者さんの状態に合わせて、独自の治療法や技術を組合していきます。

 

むち打ちは検査では異常が発見しにくく、患者さんの日々の状態が変化していきます。その対応をしながらオーダーメイドな治療が提供できる整骨院はむち打ち症治療の専門家だといっても過言ではないと思います。

 

何かわからな事やご相談があれば、気兼ねなくご相談ください。

お力になれると思います。

 

交通事故によるケガのご相談・治療は

たてやま鍼灸整骨院

大阪府茨木市真砂1-9-31ボー・ドミール南茨木105

TEL:072-638-0119

http://tateyama.in/

アクセス

たてやま鍼灸整骨院

〒567-0851 大阪府茨木市真砂1丁目9-31
【アクセス】阪急京都線南茨木駅から徒歩約15分

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ